COVID-19による影響 4/4/2020

モリソンさんも、永住者意外のビザに対して厳しい意見を発表…

 

  • ワーキングホリデー・ビザで豪州国内に滞在されている方で,豪州の地方部での仕事に就 かれる方は,就労する地域に移動する前に,現在滞在している場所で14日間自己隔離の実 施を証明するために登録が必要となります。
  • 就労する権利を持つほとんどの短期滞在者は,豪州の年金の早期引き出しが可能となり ますが,今後6ヶ月間,自分自身の生活を支えることの出来ない方は,ご自身の国に帰国す ることが強く推奨されます。
    就労する権利を持つほとんどの短期滞在者は,豪州の年金(superannuation)の早期引 き出し(access)が可能となります。しかし,今後6ヶ月間,自分自身の生活を支えること の出来ない方は,ご自身の国に帰国することが強く推奨されます。こうした方々にとって帰 国する時は今であり,可能な限り早く準備をするべきです。豪州政府の最優先は豪州国民と 永住者です。)

  • モリソン豪首相は,豪州政府の経済支援の焦点と優先が豪州国民と永住者であることを 強調しつつ,学生ビザやその他のビザで豪州に滞在している者は,豪州に義務的に留められ ておらず,経済的に自立・維持できないのであれば,自国に戻る選択肢がある旨述べました。
    (”6ヶ月以上続くと言われているこの状態の中で、私(モリソンさん)が面倒見れるのは豪州国民と永住者が優先で、学生ビザやその他のビザの方の中で収入が厳しい方は自国面倒見てもらって下さい”ってことですね。帰国の飛行機も減ってきています。)
  • 留学生は,2週間で40時間の就労が認められていますが,高齢者介護施設で働く者, 看護師,主要なスーパーマーケットで働く者は,就労時間が延長されました(スーパーマー ケットで働く者に対するこの延長措置は,4月30日まで。

  • 豪移民大臣代行は4月4日(土)記者会見で,短期ビザ保持者に関する規定変更を発表。観光客には早期帰国を求め,国際学生には原則仕送り・アルバイト・貯金に頼ることを期待,ワーホリには特定重要分野を除き6か月間自活できなければ帰国を求めました。
    (”帰国を求めた”ってことは”帰って下さい”って事ですね…)

 

余談:仕送り=海外送金 weKENでは海外送金はKVBさんをお勧めしております。ご利用送金最低額が$10,000 から、$5,000相当までに下がっております。凄く海外送金レートが良いのがKVBさんです。一時期”$1 → 73円まで下がった事もありました。お子さんが留学中のご両親さんは 仕送りの際はKVBさんを使ってみては如何でしょうか?ご利用最低額が無くなりました。帰国する際や、仕送りされる方は、KVBさんをお勧め致します。

出所:在シドニー日本国総領事館 より
KVB  Kunlun  より