ホームステイについて

ホームステイについて

まず、海外留学といえば”ホームステイ”をイメージするのではないでしょうか!?ホームステイは、現地の家族の一員として生活をするため、現地の暮らしを知り体験できる貴重な時間でしょう。また、留学したばっかりの時は右も左もわからない時なので、ホームステイの家族が現地生活のルール等を教えてくれることでしょう。そのため、海外生活初めての人は、まず4週間くらいホームステイを選ぶ留学生も多いです。で、ホームステイで慣れて来たら、ルームシェアやオペアやシェアハウス、バックパッカー等に移っていくのです。

ホームステイにはそれぞれメリット・デメリットの両方があります。

 

ホームステイのメリット

  • 現地の生活や文化を体験できる
  • ホームステイ先の家族とのコミュニケーションで英語が自然と学べる
  • 休みの日に現地の人しか行かない場所等に連れて行ってもらえたりする
  • 食事や生活面のサポートがあるため時間を他のことに使える

ホームステイのデメリット

  • Cityから遠い可能性があり、学校やバイト先が遠い可能性がある
  • ホームステイ先の家族との相性がある
  • 英語の壁にぶち当たり、通じないことに苦しむ場合がある
  • 海外に慣れていて自由に行動したい人は、家族と行動をすることが大変と感じることがある
  • ホームステイには、当たり外れがある。(家賃収目的のファミリーだと、コミュニケーションが少ない)

ホームステイはオーストラリアの文化や習慣や言葉を現地の家族の中に入って体験できます。なので、ホテルやバックパッカーのような宿泊施設ではなく、家族の一員として受け入れてくれます。家族にはその家族の決まったルールがあるように、各ホームステイの家族にもルールがあります。家族の習慣を理解しようとし、文化の違いからもしわからないことがあれば、はっきりと聞くようにしましょう。食事の時間は何時なのか?遅くなる場合には必ずその旨を伝えて、シャワーの時間も10分以内、借りている部屋は常識の範囲で綺麗な状態を保つなどの基本的な、マナーを守ってその家族のルールも守っておくことがポイントです。

 

ホームステイの基本的なルール

”水について”

オーストラリアでは乾燥しているために、水は大切な資源になります。水道代も高く、水を大切に使う習慣があります。節水のことをどの家族も必ず言われるでしょう。シャワーの時間も短く、歯を磨く時にも水の出しっ放しにしないように気をつけましょう。日本と違ってバスタブもありますがあまり使うことはないです。シャワーで済ましてしまします。どの家庭にも大きなタンクが1つあり、そのタンクにお湯を溜めてシャワーとして使います。そのタンクのお湯がなくなれば、普通の水が出て来ます。そのため長時間シャワーを入ると水になり、次の人がお湯を使えないということになってしまします。特に冬のお湯の節約には気をつけてください。

”禁煙について”

ホストファミリーの多くは小さい子供がいる家族が多く、子供の教育と健康面から喫煙者はなかなか受け入れ先が見つからないのが現状です。オーストラリアのほとんどの家庭は禁煙です。喫煙の家族であっても家の中ではまず吸いません。喫煙可能なホームステイ先の場合はどこでタバコを吸えばいいのかを確認してから喫煙するようにしましょう。

”洗濯について”

洗濯の方法は家族の方法に従い、自分でやるように言われたら、使用方法を聞いてください。しかし、家族の洗濯物と一緒に洗濯をしてくれる場合がほとんどです。また、水を大切にしているため毎日洗濯をする習慣はありません。大抵が週に一度まとめてするのが一般的です。なので着たい時に着ることが難しいでしょう。

”インターネットについて”

オーストラリアはインターネットの技術が日本に比べて大幅に遅れていて、一般家庭では電話回線経由での継続が一般的だったりします。なので、インターネットを継続するとその間電話を使うことも受けることもできないので、ホームステイ先でのインターネット接続を確認する必要があります。日本みたいに回線は早くはないですし、使い放題じゃない場合もあります。インターネットで動画等を見たり、ダウンロードすることを嫌うホストファミリーが多いです。図書館やカフェ等、無料でインターネットが使えるところがあります。そういったところで、ダウンロード等するといいでしょう。しかし、回線は早くはないですし、制限がある場合もあります。

 

How To Live TOPページ