スクリーンショット 2019-11-20 午後11.02.09
シドニ留学メリット
オーストラリアと
日本の時差 

時差が+1時間〜2時間(サマータイム)程度なので比較的に日本で暮らしている家族や友達にメールはもちろん電話をする事も問題なく出来ます。日本んからの直行便も多く英語圏では9時間と移動時間も短く済むの事や、ジェットスターなども運行しているので航空券の費用も抑える事ができ、留学しやすい環境になっています。

オーストラリアの治安

オーストラリアは比較的生活水準が高いため、全国的に治安がいいです。銃規制やアルコール規制が厳しいので、初めて留学をする人に非常におすすめです。また政府が教育システムをしっかり管理していて教育水準も高いのです。そのため世界から留学で人気んの国です。

シドニーには四季もあり過ごしやすい気温 

日本とオーストラリアは季節が真逆のため、サンタは波に乗ってやってきます!(シドニーの気候についてはコチラ
温暖な気候に恵まれていて、非常に過ごしやすい気温です。シドニーは乾燥していため、日本の蒸し蒸しした暑さはなく”カリカリ”とした過ごしやすいです。冬も都市部は雪は降りません。
(*カリカリとオーブンに入っている暑さなので日焼けにほ注意です。日焼けについてはコチラ

人柄が良く
フレンドリー

オーストラリアは移民大国で有名ですが、英語以外の言葉が聞こえてますし、様々な国の人を見かけます。学校やシェアメイトと英語で母国語を教え合い事も沢山あります。色々な国の友達ができます!街中で顔や目が合うと、"Hey!" "How are you"など奇策に挨拶してくれます。

スクリーンショット 2019-11-20 午後11.02.09
シドニー留学デメリット
物価や家賃が高い

一番大きなデメリットが物価と家賃です。アメリカやイギリスも物価は高いですがオーストラリアも高いです。特にCityの家賃はとても高く、外食も高く2000円前後になってしまします。オーストラリアでの生活は節約が大切になってきます。自炊やスーパーでも毎週半額の物が出るので狙っているのもは、半額で買う/ストックするように、一工夫が必要です。(スーパー半額についてはコチラ

日本人が多い

メリットも多いことから留学先として、とても人気があるので、シドニーでは日本人の留学生が多いいです。学校でも日本人が多かったり、日本人のグループに入ってしまい英語が伸びなかったりと色々悩む事になるかもしれません。しかし、日本の美容院であったり、語学学校には日本人スタッフが居てくれたりと、英語では言えない様な事も相談出来るメリットもあります。

スクリーンショット 2019-11-20 午後11.02.09
シドニー留学はこんな人に向いている

・英語勉強しながら英語環境で働きたい人
・何かにチャレンジしたい人
・いろんな事に好奇心がある人
・アクティビティーが好きな人
・物事に柔軟性がある人

スクリーンショット 2019-11-20 午後11.02.09
シドニー留学ビザについて
HW visa
(ワーキングホリデービザ)

18歳から30歳まで、12ヶ月間オーストラリアでの滞在可能なビザです。ワーキングホリデービザには”1st” ”2nd”  ”3rd”があり。
最高で3年間滞在が可能です。(”2nd" "3rd"取得には特定の条件を満たす必要があります。)
1雇用者のもとで最高6ヶ月の労働が認められています。
語学学校には最大4ヶ月の通学が認められています。

Student visa
(学生ビザ)

フルタイムの語学学校に行く事ができるビザです。
最長2年学生ビザの申請が可能です。
週20時間の労働も認められていて、学校が認めたコース休暇期間等は無制限で労働可能です。

EATAS
(観光ビザ)

3ヶ月以内の滞在の場合に有効なビザです。
発行後1年間なら何度でも出入国することができます。
語学学校は3ヶ月間の通学が可能ですが、労働をする事はできません。

*”Student visa" "HW visa"の条件は頻繁に変更されます。

お気軽にお問い合わせください
LINE / Instagram / E-mail