Sydneyの海と危険

☀️やっぱり海外魅力的です🏖
〜そこで知っておきたい事情

まず電車バスで海に行くと思うのですが、電車バスは全く問題ないのですが、で行った時に困るのがパーキングです!の祝日の海は混みます!場所によっと異なりますが、フリーのパーキングと1P or2P(1時間、2時間)とあります!パーキングする際は必ず確認してください!レンジャー(日本でいう、緑のおじさん)が、徘徊しています。。。

に行くと必ずライフセーバーの鍛え上げられたカラダをしたイケメンがいます。ライフセーバーが安全に楽しめると決めた、旗と旗の間です!sydneyの海の波は強いので安全に楽しむには、旗と旗の間で楽しんでください!(特に引きが強いのでなかなか沖に帰れないなんてこともあるくらいです。旗と旗の間はそういった場所を避けているので、安全に楽しめます。)

 

あと、”波が高くて怖い。。。”という方は、必ずではないですが、近くに波が来ないプール(?)的なものが作られているところがありますので、小さいお子様連れの方もそこで楽しむことができます。オススメです!もちろん、大人も子供も泳ぐ事ができます。

sydneyの太陽は紫外線が強いので必ず日焼け止めの使用をお勧めします!!日本の日焼け止めは弱いので現地で購入したものをお使いください。(例えば、私が日本から持ってきた日焼け止めは”SPF27″に対して、sydneyのは”SPF50”です。)
最後に、日本でも体験した事があると思いますが、キンキンに照らされた砂浜の砂は、鉄板の上を歩いてるかの様になりますよね。オーストラリアは日本よりも日差しがが強いので、とても熱々ですので要注意です。

 

*SPFとは、プロテクションファクターの略で、主に赤外線B波に効果を表す数値です。数字が大きいほど効果が高くなります。日に焼けてしまうまで、人によって個人差がありますが大体15分から20分と言われています。例えばSPF50なら50倍遅らせる事ができるという意味です。

⚠️危険生物⚠️

シドニーの海には危険な生物がいます。クラゲはもちろん刺されると痛いですよね。。。痛いでは済まないのが、”ヒョウモンタコ”🐙岩場に隠れている事が多く気づかずに誤って踏んでしまう事があるみたいです!

ヒョウモンダコ:体内にテトロドトキシンの猛毒を持っている。
体長は10cm程の小型なタコ。刺激を受けると青くなる。

 

 

How To Enjoy