シドニーの気候いついて

シドニーの気候について

シドニー は、冬は日本と違い過ごしやすい気候が続き、夏は暖かくカリカリとした気候、太陽の日差しに恵まれて、外に出るには絶好の場所です。気温や降雨量の情報を踏まえて旅行の計画に役立てましょう。

春(9月〜11月)
春は暖かくなりますが、夏ほど湿度は高くありません。平均気温は11〜23℃です。
夏(12月〜2月)
夏の平均気温は18.6〜25.8℃で、平均湿度は65%まで上がります。海水温度が21.9〜23.7℃まで上がるので暖かく、シドニーに沢山あるビーチを楽しむのにいい気温です。
秋(3月〜5月)
シドニーでは秋が最も穏やかな気候です。湿度は低く、平均気温も14.6〜22.2℃まで下がります。5月〜8月にかけては、北へ移動するザトウクジラを海で見つけることができます。海岸には双眼鏡を持っていきましょう!
冬(6月〜8月)
シドニーで最も寒い時期は6月から8月で、平均気温が8.8〜17℃まで下がります。 6月が最も雨が多い月です。7月は最も寒い月で日中の平均気温は13℃です。

 

シドニー天気知っておきたい事

シドニー日の出・日の入り
12月は日照時間が最も長く、日の出が午前5時30分頃、日の入りが午後8時頃です。なので1日長く感じます。6月は日照時間が最も短く、日の出が午前7時頃、日の入りが午後5時頃です。
シドニーの雪は
シドニーでは雪は降りません。シドニーから南に車で6時間程行ったところにあるジンダバインは、スノーウィー・マウンテンズの玄関口です。ブルー・マウンテンズ、オレンジ、アッパー・ハンターなども、ニュー・サウス・ウェールズ州で降雪のある地域です。
冬の服装は
冬でも気温が7℃以下になることはめったにありません。朝夕方は冷えますが、太陽が出ると本当に暖かいです。天気の良い日中は半袖でも快適です。しかし6月は比較的雨が多いので、防水のジャケットを用意しましょう。夜に備えて暖かい上着も必要です。
夏の服装は
シドニーの夏は、日中は過ごしやすく夜も爽やかなので、軽装で大丈夫です。シドニーには美しい湾やビーチが数多くあるので、水着を持参しましょう。
シドニー日焼け止め
シドニーは紫外線がとても強いです。SPF30以上の日焼け止めで肌を守りましょう。日焼け止めはオーストラリア各地のスーパーマーケット、コンビニエンスストア、薬局で簡単に購入できます。日本から持ってきた日焼け止めでは肌を守れない可能性があります。また、帽子やサングラスなど、紫外線予防のアイテムは必需品です。*日焼け止めについてはこちら
IMG_1160
IMG_0669
IMG_0813
previous arrow
next arrow

 

How To Live TOPページ