TAXリターンについて!

タックスリターンとは

タックスリターンとは永住者やワーキングホリデー・留学生・駐在員の人が、1年間の収入を国に報告する事。日本で言うところの”確定申告”です。タックスリターンとは、オーストラリアの法律で義務付けられた確定申告です。その年の会計年度に収入者全員が対象者であり、タックスリターンの申告義務があります。”リターン”と言っても、必ずしも、お金が戻ってるくわけではありません。
7月1日から翌年の6月30日の間の収入を、7月1日から10月31日までの間にタックスリターンとして申告する必要があります。
また、個人でタックスリターンをする場合には注意しておきましょう。申請期間を過ぎると罰金の対象になり、また申請ミスがあるとATO(オーストラリア国税庁)の監査つ中に問題が発生し、高額な罰金を課せられたりすることもあります。その為税理士を使ったタックスリターンの申請が安心です。
税理士を通す頃によって、タックスリターンの期限が7月1日から翌年の5月15日までに延長されます。(*延長は過去に申告していなかったタックスリターンがある場合を除きます。過去に申告していなかったタックスリターンがある方は税理士に相談してみましょう。)

ATO(日本語ページ)

タックスリターンに必要書類

・PAYG ペイメントサマリー 7月1日から翌年の6月30日以内に勤めていた全てのPAYGペイメントサマリリーを発行してもらう必要があります。会社から発行してもらう物です。発行期限は7月14日までと決めたれてるので、受け取れていない場合は会社に問い合わせましょう。
・領収書 経費の領収証をまてめておきましょう。業種によって細かく決められています。不安な場合は税理士に任せましょう。
・その他の収入の領収証 銀行からの利息などPAYGペイメントサマリー以外の収入がある場合も、収入を証明する書類が必要です。税法上オーストラリアの移住者は、オーストラリア国外の収入も申請しなければならないので注意して下さい。

 

タックスリターン制度

メディケア税 メディケア税とは、永住者・オーストラリア人が持っている国民医療保険にかかる税金のことです。タックスリターンで所得税と一緒に払う必要があります。学生・ワーキングホリデー・ビジネスビザなどの一時滞在者はメディケア税免除証を手にいれることによって、タックルリターンのメディケア税の支払いがしなくてよくなります。
スーパーアニュエーション スーパーアニュエーションとは、オーストラリアの年金制度のこと。ビザごとに税率は変わりますが、オーストラリアでは給料から雇用者がファンドに積み立てることが義務付けられています。

通常60歳になるまでは引き出せません。学生・ワーキングホリデー・ビジネスビザなどの一時滞在者の場合は、出国してビザが切れた後に還付が受けられます。スーパーアニュエーションの申請は国税局のサイトからオンライン申請ができます。

バックパッカー税 バックパッカー税とは、2017年より施行されたワーキングホリデービザにかかる税金のことです。年収が$1からタックスリターンの課税対象です。バックパッカー税の申告はATOのサイトからオンライン申請が困難な作業を伴うため、税理士にお願いした方がいいでしょう。

 

How To Live TOPページ